FC2ブログ

きりん親子

「きりんナース」から半年。きりんの思うところなんかの記録再開。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きに

娘が熱を出した翌日から、またしてもきりんが熱発。「お母さんが○ちゃんの風邪を吸いとってあげる」って体のあちこちをちゅーちゅーして笑わせたけど、こんなに効くとは思わなかった(笑)
娘の熱はそれから出ずに、お腹と鼻・咳。
きりんは昨日も38度超え、お腹と鼻。
多分、二人とも軽い腸炎じゃないかなぁ。
二人して、食欲はしっかりありますが。


昨日で東日本大震災から1年。幸いなことにきりんが住んでる市では死者は出なかったものの、神奈川県内では亡くなった人もいて。発生時刻には、黙祷を促すサイレンが鳴らされた。
地震当日ももちろん怖かったけど、翌日からの方がもっと怖かった。
次々と報道される信じられない惨状、原発。見えない放射線が今ここにも飛んでいるらしい。娘に大丈夫なのか分からず、換気扇も回せなかった。
スーパーは人でごった返して、棚には商品がない。
初めて聞く「計画停電」。するのかしないのか、いつするのか、1回なのか2回なのかも分からず、市の防災無線を必死で聞いて。
旦那さんが珍しく即決して、早々に福岡に帰ったけど、何だか申し訳ない気もした。
被災なんて言えない程の地震しかなかった自分は、安全な場所にある実家にさっさと逃げて。今日食べるものも寒さをしのぐ手段も持たない人が沢山いるのに。


でもね、娘の安全はきりんしか守ってあげられなかったから。申し訳なくはあったけど、後悔はしてない。


ほんの少しずつだけど、そのまま食べられるベビーフードに飲料水、乾パン、ビスコ。懐中電灯にラジオ、電池、新聞紙。オムツにおしり拭き。携帯には、真鍮性の笛と、明るいところで蓄電して暗いところでぼんやり光るキーホルダー。
新居も、家自体の耐震性能はもちろん、食器棚にテレビボード、子供部屋の本棚、洗面所のタオル入れも作り付けにしてもらって、食器棚とテレビボードは耐震ラッチも付いてるものにした。寝室にタンスは置かず、寝室の続きに広めにとったウォークインクローゼットに衣類は全部収納できるようにして。太陽光発電も載せて、緊急時に少しでも役に立つように。



こんなことしてたって駄目なときは駄目かもしれない。「二度とこんなことが起こりませんように」黙祷の時には、そうも祈った。
でもちゃんと備えなきゃ。嘆くだけじゃなくて、できることからしていこうって最近では思える。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

香月きりん

Author:香月きりん
結婚して福岡から神奈川へ。
2011年1月に娘を出産、ナースは休業して育児奮闘中です。

いくつになったの

最新記事

フリーエリア

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。