FC2ブログ

きりん親子

「きりんナース」から半年。きりんの思うところなんかの記録再開。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックその後

レーシック受けて一週間。
まだドライアイは治らないけど(元々だから仕方ない)、やっぱり何時なんどきも見えるというのはすごい。

お風呂で色々見えるのです。娘の体も自分の体も、天井の赤カビも。
おぉ、こんなに汚れていたなんて……

夜中に起きたときも娘の顔が見える。携帯をつけなくても、壁時計が見える。

娘を寝かしつけながら、自分がうとうとしても、何ならそのまま寝ちゃってもコンタクトじゃないから大丈夫(コンタクトでも、何度となく寝たけど)。

他にも洗面台がすっきりするとかコンタクトを洗う手間がないとか色々嬉しいことはあるけど、やっぱりいつでも娘がはっきり見えるっていうのが嬉しい。


レーシック当日は、思っていたほど緊張もせず。大体きりんは仕事柄なのかちょっと鈍いのかも。手術室入り口で帽子を被った時に、一緒だった人に「さすがに緊張しますね」と言われたけど、「いや、そんなに」って返すわけにもいかず(笑)
名前と術式を何度も確認され、点眼を何回もされ、麻酔が効くのをちょっと待ったと思ったら、もうオペ室のベッドに寝かされる。
裸眼だし麻酔効いてるし、すぐ目の前に大きな機械があるしで、周りも見えない。術者の顔も分からなかった。
きりんは大切な目のことだからと、迷わず一番良いらしい(=値段が高い)術式を選んでたので、メスは使わないし、途中で部屋を移動したりもしない(オペ途中で自分で歩いて部屋を移動する術式もあるらしい。信じられない)。横になってたのは5~6分じゃないかなぁ。瞼をテープと開眼器で固定され(これが痛いと聞いてたけど、大したことなかった)、ホースで水かけてるんじゃないかと思うほどじゃぶじゃぶと眼球を消毒され、「18秒でーす」とか言われながらレーザーでフラップ作成が始まり。途中見えなくなるけど、多分ここらへんと思いながらぼーっと緑の光を見つめる。
見つめる見つめる。
見つめる見つめる見つめる。

ってしてる間に、矯正レーザーもあてられ(13秒だったかな?)、フラップ閉じて消毒して点眼して右目終了。
開眼器とテープが外され、あぁ目が閉じられて幸せって思ったら、「じゃあ左いきまーす」と。

レーザー時間が数秒違うだけで、左も同じように進んでいく。

で、終わったらすぐに立って、白くぼやける視界のまま少し歩いて、一人掛けのソファで20分くらい目を閉じて安静。
痛み止め(麻酔だと思う)を点眼されて、術後診察されて、薬の説明なんかを受けたら、「では明日」と。

さて。
電車3本乗り継いで帰らねば。


ここからが大変だった。痛い痛い。
電車の中でもホームでも涙を流し、「使わなくて済むかも」とか思ってた痛み止めをばんばん使いながら、うつ向いて耐える。きりんはその後6時間くらい痛み止めを使ったねー。痛み止めは劇的に効くんだけど、30分も経たずに切れる。


肝心の視界はって言うと、約20分の安静の後には白いモヤも随分とれてて、帰りの電車では吊り広告が見えるほど。はっきり見えるのは翌朝からって言われてたけど、オペが上手だったのか何なのか、とにかく早い段階から見え始めた。
術前裸眼→0.06と0.07
術翌日→1.5と1.5
術一週間後→1.2と1.5
術後3ヶ月までは視力の変動があるらしく、きりんは1~1.5の範囲を狙ってオペしてもらってるので、今のところ上々と言ったところかな。


そんなこんななレーシック一週間です。
術後当日は痛かったものの、それでもレーシック、出産に比べれば何でもありません。
これからは、「眼鏡にさわったらダメ!!」と娘に叫ばなくていい日々~夢のよう~(笑)

あ、ちなみに、きりんは旦那さんに紹介してもらったていになってて、紹介割引と紹介者御礼差し引き、検診・処方薬・保護眼鏡込み込みで23万円也です。
決して安くはないけど、でもやっぱり娘を産む前に受けておければよかったと思った。もっと言えば、働いてるときに受けてれば夜勤が楽だっただろうなぁ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【レーシックその後】

レーシック受けて一週間。まだドライアイは治らないけど(元々だから仕方ない)、やっぱり何時なんどきも見えるというのはすごい。お風呂で色々見えるのです。娘の体も自分の体も、天

ご案内

プロフィール

香月きりん

Author:香月きりん
結婚して福岡から神奈川へ。
2011年1月に娘を出産、ナースは休業して育児奮闘中です。

いくつになったの

最新記事

フリーエリア

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。